アル=カーイダのザワーヒリー指導者が米国、ロシア、イラン、シーア派、アラウィー派の攻撃に対抗するよう呼びかける(2015年11月1日)

アル=カーイダの指導者アイマン・ザワーヒリー師と思われる人物がインターネットを通じて音声声明を発表し、シリア、イラクにおいて米国およびロシアの攻撃に対抗するよう呼びかけた。

声明のなかでザワーヒリー師は「米国人、ロシア人、イラン人、アラウィー派、そしてヒズブッラーは我々に対する戦いにおいて協調している。我々は、我々内部の戦いを止め、彼らに対して、我々の努力のすべてを向けることはできないだろうか?」と述べた。

そのうえで「すべての場所、すべての組織のムジャーヒディーン同胞よ、すべてのムジャーヒディーン組織のジハードの民よ、我々は今日、米国、欧州、ロシア、そしてシーア派、ヌサイリー派の攻撃に対抗している…。我々は東トルキスタンからマグリブにいたる地域で戦列を一つにして、イスラームに敵対する悪魔の同盟に立ち向かわねばならない」と主唱した。

AFP, November 2, 2015、AP, November 2, 2015、ARA News, November 2, 2015、Champress, November 2, 2015、al-Hayat, November 3, 2015、Iraqi News, November 2, 2015、Kull-na Shuraka’, November 2, 2015、al-Mada Press, November 2, 2015、Naharnet, November 2, 2015、NNA, November 2, 2015、Reuters, November 2, 2015、SANA, November 2, 2015、UPI, November 2, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク