ロシア軍がダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるタドムル市(ヒムス県)を13回にわたり爆撃(2015年11月2日)

ロシア国防省は、ロシア軍が過去48時間で131回出撃し、ハマー県、ラタキア県、ヒムス県、アレッポ県、ラッカ県、ダマスカス郊外県で、ダーイシュ(イスラーム国)など国際テロ組織の施設237カ所を破壊したと発表した。

空爆では、ダーイシュの司令拠点17カ所、武器弾薬庫7カ所、防衛拠点・教練キャンプ22カ所、壕・避難所189カ所を破壊したという。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍機と思われれる戦闘機が、ダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるタドムル市を10回にわたって空爆した。

またSNN(11月2日付)によると、タドムル市西部郊外砂漠地帯、シャーイル・ガス採掘所一帯、タイフール航空基地一帯では、シリア軍とダーイシュが交戦した。

AFP, November 2, 2015、AP, November 2, 2015、ARA News, November 2, 2015、Champress, November 2, 2015、al-Hayat, November 3, 2015、Iraqi News, November 2, 2015、Kull-na Shuraka’, November 2, 2015、al-Mada Press, November 2, 2015、Naharnet, November 2, 2015、NNA, November 2, 2015、Reuters, November 2, 2015、SANA, November 2, 2015、SNN, November 2, 2015、UPI, November 2, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク