「新シリア軍」がタドムル市南部の対イラク国境地帯で有志連合とともにダーイシュ(イスラーム国)拠点に対する降下作戦を実施か?(2015年11月18日)

ダイル・ザウル24機構(11月18日付)は、9日にアサーラ・ワ・タンミヤ戦線が発足を宣言した武装連合組織「新シリア軍」が15日に、有志連合の航空支援を受け、ヒムス県のイラク国境に近いタンフ国境通行所一帯(タドムル市南部)でダーイシュ(イスラーム国)掃討に向けた地上作戦を開始したと発表した。

**

この地上作戦に関して、ARA News(11月18日付)は、新シリア軍の戦闘員が降下作戦を行い、ダーイシュの武器庫4カ所、爆弾製造所1カ所を完全に破壊した、と伝えた。

AFP, November 18, 2015、AP, November 18, 2015、ARA News, November 18, 2015、Champress, November 18, 2015、Munazzama Dayr al-Zawr 24, November 18, 2015、al-Hayat, November 19, 2015、Iraqi News, November 18, 2015、Kull-na Shuraka’, November 18, 2015、al-Mada Press, November 18, 2015、Naharnet, November 18, 2015、NNA, November 18, 2015、Reuters, November 18, 2015、SANA, November 18, 2015、UPI, November 18, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク