アル=カーイダ系組織のヌスラ戦線はイドリブ県でロシア軍の偵察機2機を撃墜したと主張(2015年11月18日)

アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線の広報部門マナーラ・バイダーはツイッター(ムラースィル・バーディヤ)を通じて声明を出し、イドリブ県のアブー・ズフール航空基地上空でロシア軍の偵察機2機を撃墜したと発表した。

これに関して、シリア人権監視団も、ヌスラ戦線をはじめとする反体制武装集団がアブー・ズフール航空基地上空を旋回していた偵察機2機を撃墜したと発表したが、ロシア軍所属の偵察機かどうかについては明言しなかった。

なお『ハヤート』(11月19日付)によると、シリア軍は、9月23日にシリア製の無人偵察機の使用を開始した。

AFP, November 18, 2015、AP, November 18, 2015、ARA News, November 18, 2015、Champress, November 18, 2015、al-Hayat, November 19, 2015、Iraqi News, November 18, 2015、Kull-na Shuraka’, November 18, 2015、al-Mada Press, November 18, 2015、Naharnet, November 18, 2015、NNA, November 18, 2015、Reuters, November 18, 2015、SANA, November 18, 2015、UPI, November 18, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク