反体制武装集団24組織はリヤドでの反体制派合同会合最高交渉委員会への支持を表明(2016年1月9日)

24の反体制武装集団が共同声明を出し、リヤドでの反体制派合同会合で設置された、反体制派統一代表団人選のための最高交渉委員会に支持を表明し、「革命の基礎に対して…国際社会、地域社会が押しつけようとしている譲歩」に抗するよう呼びかけた。

共同声明を出したのは以下の組織:イスラーム軍、フルカーン旅団、山地の鷹旅団、第16歩兵師団、シャーム戦線、サラーフッディーン師団、ヒムス解放運動、アサーラ・ワ・タンミヤ戦線、北部師団、タウヒード軍、アンサール・シャーム戦線、シャーム軍団、ムジャーヒディーン軍、第2沿岸師団、第312師団、ヤルムーク軍、第1沿岸師団、アルバイーン大隊、ナスル軍、スルターン・ムラード師団、「命じられるがまま進め」連合、第24歩兵師団、中部師団、海岸第10旅団。

AFP, January 9, 2016、AP, January 9, 2016、ARA News, January 9, 2016、Champress, January 9, 2016、al-Hayat, January 10, 2016、Iraqi News, January 9, 2016、Kull-na Shuraka’, January 9, 2016、al-Mada Press, January 9, 2016、Naharnet, January 9, 2016、NNA, January 9, 2016、Reuters, January 9, 2016、SANA, January 9, 2016、UPI, January 9, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク