デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表がシリアを訪問、ムアッリム外相は、交渉に参加する反体制派の名簿と「テロ組織」のリストの開示を要求(2016年1月9日)

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表はシリアの首都ダマスカスを訪問し、ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣(兼副首相)と会談し、1月25日に開催予定のジュネーブ3会議への対応などについて意見を意見を交わした。

SANA(1月9日付)によると、会談でムアッリム外務在外居住者大臣は、「テロとの戦い」に関する国連での一連の安保理決議の遵守を通じて、シリア人どうしの対話を促す必要があると改めて伝え、デミストゥラ氏が発表した日程(1月25日開催)に沿ってジュネーブ3会議に臨む用意があると強調した。

そのうえで、ジュネーブ3会議に参加するシリアの反体制派の代表者の氏名を記したリストと、「テロとの戦い」の対象となるテロ組織を記したリストを受け取りたい旨、要請した。

SANA, January 9, 2016

SANA, January 9, 2016

AFP, January 9, 2016、AP, January 9, 2016、ARA News, January 9, 2016、Champress, January 9, 2016、al-Hayat, January 10, 2016、Iraqi News, January 9, 2016、Kull-na Shuraka’, January 9, 2016、al-Mada Press, January 9, 2016、Naharnet, January 9, 2016、NNA, January 9, 2016、Reuters, January 9, 2016、SANA, January 9, 2016、UPI, January 9, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク