シリア軍がアレッポ市東部の発電所に近いタンヌーラ村をダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末に制圧する一方、ダーイシュはダイル・ザウル市一帯での攻勢を強める(2016年1月30日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊、外国人戦闘員がアレッポ市東部の発電所に近いタンヌーラ村一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、シリア軍が同地を制圧した。

一方、SANA(1月30日付)によると、シリア軍がアレッポ市東部のタンヌーラ村、アファシュ村でダーイシュ(イスラーム国)を掃討、同地を制圧した。

シリア軍はまた、ウンム・ディムナ村、ジュッブ・サファー村、スィーン村、ジュッブ・ガブシャ村、タッル・マクスール村でダーイシュの拠点を空爆、ダーイシュ・メンバー45人を殲滅した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がハーン・シャイフ・キャンプ一帯、マルジュ・スルターン村一帯で反体制武装集団と交戦し、同地を「樽爆弾」などで空爆した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるウマル油田一帯、ダイル・ザウル市ハウィーカ地区、ラシュディーヤ地区、ダイル・ザウル航空基地一帯を空爆する一方、ダイル・ザウル市ハウィーカ地区、ラシュディーヤ地区では、シリア軍とダーイシュが交戦した。

また、ARA News(1月30日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)はダイル・ザウル航空基地の敷地の一部に突入した。

一方、SANA(1月30日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市ラシュディーヤ地区、ハウィーカ地区、ブガイリーヤ村でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、その拠点を空爆などで攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラッカ県では、クッルナー・シュラカー(1月31日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国がアイン・イーサー市東部のアブド村に侵攻し、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍と交戦した。

AFP, January 30, 2016、AP, January 30, 2016、ARA News, January 30, 2016、Champress, January 30, 2016、al-Hayat, January 31, 2016、Iraqi News, January 30, 2016、Kull-na Shuraka’, January 30, 2016、January 31, 3016、al-Mada Press, January 30, 2016、Naharnet, January 30, 2016、NNA, January 30, 2016、Reuters, January 30, 2016、SANA, January 30, 2016、UPI, January 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク