シリア政府代表はデミストゥラ共同特別代表との会談を「間接対話に向けた準備段階」とみなし、「前提条件なし」の対話を主唱(2016年2月2日)

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表は、スイス首都のジュネーブでバッシャール・ジャアファリー国連シリア代表率いるシリア政府代表団と会談した。

会談はシリア政府と反体制派の間接交渉の一環で、2月1日に予定されていたが1日遅れて行われた。

会談後、ジャアファリー国連シリア代表は、シリア政府代表団が国連安保理決議第2254号に準じ、「前提条件なし」に対話に応じようとしているのに対して、反体制派側は「プロの政治家としてではなく、素人的に問題に対応しようとしている」と批判した。

またジュネーブ入り以降2度目となるデミストゥラ共同特別代表との会談については、「我々はいまだ間接対話に向けた準備段階にある」と述べ、間接交渉がまだ始まっていないことを明らかにした。

そのうえで、ジャアファリー国連シリア代表は「我々はデミストゥラ氏と、間接対話において誰と我々が交渉するのかを判然とするため、この準備段階が重要であるということを議論した」としたうえで、間接交渉における反体制派の代表団の氏名、交渉における議題を明らかにするよう求めた、と付言した。

SANA, February 2, 2016

SANA, February 2, 2016

AFP, February 2, 2016、AP, February 2, 2016、ARA News, February 2, 2016、Champress, February 2, 2016、al-Hayat, February 3, 2016、Iraqi News, February 2, 2016、Kull-na Shuraka’, February 2, 2016、al-Mada Press, February 2, 2016、Naharnet, February 2, 2016、NNA, February 2, 2016、Reuters, February 2, 2016、SANA, February 2, 2016、UPI, February 2, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク