デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表はジュネーブ3会議を中止し、2月25日に再開すると発表(2016年2月3日)

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表は、シリア政府と反体制派の代表による和平交渉「ジュネーブ3会議」を中止し、2月25日に再開すると発表した。

デミストゥラ共同特別代表は、スイスのジュネーブにある国連本部で記者会見を開き、「私は対話が始まらねばならないと考えてきたし、実際に対話は始まった。しかし、我々側だけではく、この危機に関与する当事者らの側でさらに行うべきことある…。双方とも政治的対話を開始することに関心を示している…。我々は国連安保理での会合開催を呼びかけるとともに、2月25日に改めて集まることにする」と述べた。

またデミストゥラ共同特別代表の報道官を務めるフーラ・マタル氏は、ジュネーブ3会議の中止に関して、「デミストゥラ共同特別代表が対話を準備にさらなる時間が必要だと感じた」ためだと述べた。

SANA(2月3日付)が伝えた。

AFP, February 3, 2016、AP, February 3, 2016、ARA News, February 3, 2016、Champress, February 3, 2016、al-Hayat, February 4, 2016、Iraqi News, February 3, 2016、Kull-na Shuraka’, February 3, 2016、al-Mada Press, February 3, 2016、Naharnet, February 3, 2016、NNA, February 3, 2016、Reuters, February 3, 2016、SANA, February 3, 2016、UPI, February 3, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク