ロシアのラヴロフ外務大臣「テロ組織が根絶されるまで爆撃が止むことはない」(2016年2月3日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は訪問先のオマーンの首都マスカットで記者会見を開き、ロシア軍によるシリア領内での空爆に関して「シリアのテロリストの拠点を攻撃し続ける。シャームの民のヌスラ戦線、イスラーム国(ダーイシュ)といったテロ組織が根絶されるまで攻撃が止むことはない」と述べた。

ARA News(2月3日付)が伝えた。

AFP, February 3, 2016、AP, February 3, 2016、ARA News, February 3, 2016、Champress, February 3, 2016、al-Hayat, February 4, 2016、Iraqi News, February 3, 2016、Kull-na Shuraka’, February 3, 2016、al-Mada Press, February 3, 2016、Naharnet, February 3, 2016、NNA, February 3, 2016、Reuters, February 3, 2016、SANA, February 3, 2016、UPI, February 3, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク