シリア軍がラタキア県北部カッバーナ村回廊を制圧する一方、イドリブ県、アレッポ県で激しい爆撃を続ける(2016年6月14日)

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、トルコ国境に近いクルド山のカッバーナ村回廊一帯にシリア軍、国防隊が進軍し、ジハード主義武装集団と交戦し、同地周年の丘陵地帯を制圧した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がイドリブ市西部のアラビー村を空爆し、子供1人が死亡した。

戦闘機はまたイドリブ市、アリーハー市などを空爆し、女児1人が死亡した。

また、ARA News(6月14日付)によると、シリア軍はバーラ村、スィンジャール町を空爆し、10人が死亡した。

これに対して、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなるファトフ軍はフーア市、カファルヤー町を砲撃した。

一方、クッルナー・シュラカー(6月14日付)によると、ビンニシュ市の路上でシャーム自由人イスラーム運動所属のフサイン旅団司令官アブー・ジャービル・ビンニシュ氏の車が仕掛け爆弾の爆発に巻き込まれた。

アブー・ジャービル氏は無事だった。

なお、13日にはカフルタハーリーム村とイドリブ市を結ぶ街道でシャーム軍団のメンバーが乗った車が爆発に巻き込まれる事件が発生している(乗っていた3人は無事だった)。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍ヘリコプターがアレッポ市北部のアルド・マッラーフ地区一帯を「樽爆弾」で攻撃、戦闘機(所属明示せず)がアレッポ市北部のカースティールー地区、カフルハムラ村、ダーラ・イッザ市、マアーッラト・アルティーク村、バービース村、アウラム・クブラー町、カフルハラブ村、アレッポ市サラーフッディーン地区、フィルドゥース地区を空爆し、少なくとも3人が死亡した。

これに対して、クッルナー・シュラカー(6月14日付)によると、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなるファトフ軍が、シリア軍、イラン人・アフガン人・イラク人戦闘員らとの交戦の末、アレッポ市南部郊外のズィーターン村を制圧した。

このほか、クッルナー・シュラカー(6月14日付)などによると、シリア軍がアレッポ市ジスル・ハッジ交戦一帯を「樽爆弾」で空爆し、8人が死亡、また反体制メディア活動家のハーディー・アブドゥッラー氏が負傷した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、東グータ地方のバハーリーヤ村一帯で、シリア軍とジハード主義武装集団が交戦した。

またシリア軍はザバダーニー市、ダーライヤー市各所を「樽爆弾」などで空爆・砲撃した。

一方、クッルナー・シュラカー(6月14日付)によると、東グータ地方のシャイフーニーヤ村でイスラーム軍所属第三旅団司令官のカースィム・アブー・ムハンマド氏の車が道路に敷設されていた地雷に触れて爆発、乗っていた兄弟一人が負傷した。

このほか、SANA(6月14日付)によると、バラダー渓谷地方の住民(指名手配者)100人が地元和解プロセスの一環で当局に投降し、その後放免となった。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がハーッラ市を「樽爆弾」で空爆し、少なくとも3人が死亡した。

一方、SANA(6月14日付)によると、ダルアー市マンシヤ地区、スィーバ地区でシリア軍がシャームの民のヌスラ戦線の拠点を攻撃した。

**

ロシア国防省は、ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部に設置された当事者和解調整センターが、6月13日に5件の停戦違反が発生したことを確認したと発表した。

停戦違反はダマスカス県郊外県、ラタキア県で発生し、イスラーム軍などが砲撃を行ったという。

米・ロシアによる敵対行為停止合意が発効した2月27日以降の停戦違反件総数は668件。 

AFP, June 14, 2016、AP, June 14, 2016、ARA News, June 14, 2016、Champress, June 14, 2016、al-Hayat, June 15, 2016、Iraqi News, June 14, 2016、Kull-na Shuraka’, June 14, 2016、al-Mada Press, June 14, 2016、Naharnet, June 14, 2016、NNA, June 14, 2016、Reuters, June 14, 2016、SANA, June 14, 2016、UPI, June 14, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク