ダーイシュが広報ビデオを通じて組織構造の詳細を初めて公表(2016年7月7日)

ダーイシュ(イスラーム国)の広報部門の一つフルカーン広報制作機構は「カリフ制の構造」と題した15分の広報ビデオ(https://www.youtube.com/watch?v=6L-caEJEe50)を発表し、カリフ、シューラー評議会、代表委員会などからなる組織構造の詳細を初めて明らかにした。

これによると、アブー・バクル・バグダーディー氏が務めるカリフは、シャリーアの裁定に基づき人々を支配し、ハッド刑を適用し、軍備を行い、戦線を防衛し、祖国を守り、宗教を正し、布教する役割を担うという。

また、シューラー評議会はカリフの執政を補佐する機関で、良識、高い教育、知識(イルム)を身につけた健常者から構成されるという。

また代表委員会は州や執行機関を監督する役割を持つという。

支配地域に関して、広報ビデオは、ダーイシュが複数の国に35の「州」(ウィラーヤ)からなり、うち19州がシリアとイラク、16州がその他に国に設置されていると説明している。

35州とは、バグダード、アンバール、サラーフッディーン、ファルージャ、ディヤーラ、北バグダード、南部、ニナワ、キルクーク、チグリス、ジャズィーラ(以上イラク)、バラカ、ハイル、ラッカ、ダマスカス、アレッポ、ヒムス、ハマー、ユーフラテス(以上シリア)、ナジュド、ヒジャーズ(以上サウジアラビア)、シナイ(エジプト)、ブレガ、トリポリ、フェザーン(以上リビア)、アルジェリア、北アフリカ、リワー・アフダル、ホラーサーン、カフカーズ、アデン・アビアン、シャブワ、ハドラマウト、サヌアー、ベイダウ。

執行機関は、シューラー評議会、代表委員会のほか、14のディーワーン、4のマクタブからなるという。

ディーワーンとは、ヒスバ(宗教警察)、コーラン、布教・モスク、ザカート、治安、中央広報、保健、財務、福祉、軍事、資源鉱物、教育、農業、法務からなり、マクタブは、ヒジュラ(移民)、捕虜殉教者、調査研究、遠隔州からなるという。

**

このほか「中東かわら版 No.61 イスラーム過激派:「イスラーム国」の広報部門」(http://www.meij.or.jp/kawara/2016_061.html)によると、ダーイシュの中央広報ディーワーン傘下の広報媒体として、フルカーン広報制作機構、ハヤート広報センター、バヤーン・ラジオ、アジュナード機構、ヒンマ文庫、ナバウ紙が存在することが明らかにされた。

このなかには、ダーイシュによるテロを速報し、犯行声明を拡散するアアマーク通信は含まれていない。

image

image3 image1 image4 image7 image8

AFP, July 7, 2016、AP, July 7, 2016、ARA News, July 7, 2016、Champress, July 7, 2016、al-Hayat, July 8, 2016、Iraqi News, July 7, 2016、Kull-na Shuraka’, July 7, 2016、al-Mada Press, July 7, 2016、Naharnet, July 7, 2016、NNA, July 7, 2016、Reuters, July 7, 2016、SANA, July 7, 2016、UPI, July 7, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク