YPG主体のシリア民主軍はアレッポ県北部(バーブ市東部)でダーイシュから3カ村を奪取(2016年11月12日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月12日付)、ARA News(11月12日付)によると、によると、ラッカ市制圧に向けた「フーフラテスの怒り」作戦を遂行する西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、ダーイシュ(イスラーム国)と撤退を受け、バーブ市東部郊外のカルト・サギール村、カルト・カビール村、シャイフ・ナースィル村を制圧した。

一方、シリア人権監視団によると、ダーイシュがウンム・アマド村一帯でシリア民主軍の部隊を爆弾を仕掛けた車で攻撃し、戦闘員8人を殺害した。

AFP, November 12, 2016、AP, November 12, 2016、ARA News, November 12, 2016、Champress, November 12, 2016、al-Durar al-Shamiya, November 12, 2016、al-Hayat, November 13, 2016、Iraqi News, November 12, 2016、Kull-na Shuraka’, November 12, 2016、al-Mada Press, November 12, 2016、Naharnet, November 12, 2016、NNA, November 12, 2016、Reuters, November 12, 2016、SANA, November 12, 2016、UPI, November 12, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.