イスラエル軍はレバノン領空からシリア領内を空爆(2016年11月30日)

SANA(11月30日付)によると、イスラエル軍戦闘機が29日早朝、レバノン領空を侵犯し、ダマスカス郊外県サッブーラ村一帯に向かってミサイル2発を発射した。

この攻撃による人的・物的被害はなかったという。

『ハヤート』(12月1日付)によると、イスラエル軍の空爆は、ヒズブッラーの武器輸送車輌、第4機甲師団の武器庫を標的にしたと思われる。

AFP, November 30, 2016、AP, November 30, 2016、ARA News, November 30, 2016、Champress, November 30, 2016、al-Hayat, December 1, 2016、Iraqi News, November 30, 2016、Kull-na Shuraka’, November 30, 2016、al-Mada Press, November 30, 2016、Naharnet, November 30, 2016、NNA, November 30, 2016、Reuters, November 30, 2016、SANA, November 30, 2016、UPI, November 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク