2011年2月4日のシリア情勢

イスラーム無所属潮流のガッサーン・ナッジャール氏が逮捕される。

フェイスブックの「シリア怒りの日」の呼びかけに応じるかたちで、オーストラリア・キャンベルのシリア大使館前でたった1人が抗議行動を行う。

Kull-nā Shurakā’, February 4, 2011

Kull-nā Shurakā’, February 4, 2011

**

軍・治安機関のいわゆる「古参」(ハーフィズ・アサド前政権時代の軍・治安機関高官)が人民宮殿付顧問として復職。軍事情報局長のアリー・マムルーク少将を牽制するという目的があるとされる一方、フェイスブックでのデモの呼びかけに対抗するための治安関係者の隊列の結束強化を図った動きとも。

復職したのはイブラーヒーム・フワイジャ元空軍司令官、アリー・アスラーン元国防長官、アリー・ドゥーバー元軍事情報局長、ムハンマド・フーリー元空軍情報局長。

AKI, February 4, 2011、Kull-nā Shurakā’, February 4, 2011、TTU, February 4, 2011などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク