2011年2月11日のシリア情勢

シリア・アラブ・テレビは、エジプトでのムハンマド・フスニー・ムバーラク大統領退任に関して、「正統性を失っている諸合意[キャンプデーヴィッド合意]の終焉」をもたらし、「エジプトをアラブの隊列に復帰」させる動きと評価。

シリア国内はムバーラク大統領退任に歓喜。

Akhbār al-Sharq, February 11, 2011、Kull-nā Shurakā’ Sūrīyā, February 12, 2011などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク