2011年2月9日のシリア情勢

シリア人権委員会は、4日に逮捕されたイスラーム民主無所属潮流のガッサーン・ナッジャール氏は、5日にダマスカス第一刑事裁判所で検事の聴取を受け、アドラー中央刑務所に収監されたことを明らかにした。

ナッジャール氏は75歳で、アレッポ市在住。アレッポ市の自宅で逮捕された。

1980年から1992年にハーフィズ・アサド前政権による組合の弾圧によって、逮捕・投獄し、終身刑を宣告されていたが、その後恩赦により釈放された。2007年にも「ダマスカス宣言」の活動をめぐって短期間逮捕されていた。

亡命西クルディスタン政府代表のムラード・ムッラーが2月11日に「怒りの日」を再び行うことを呼びかける。

エリック・ロス米国務次官補は、シリア当局によるフェイスブック、ユーチューブへのブロック解除に関する報道を歓迎しつつ、表現の自由が満たされない状況下で、利用者が危険にさらされる可能性がある懸念を表明した。

Akhbār al-Sharq, February 9, 2011、al-Ḥayāt, February 9, 2011、al-Raʼy, February 9, 2011などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク