2011年2月22日のシリア情勢

オリエント・テレビの番組「バラド・バーリク」に出演し、フェイスブック上のページ「シリア怒りの日」についてコメントしたアレッポ出身のガッサーン・ヤースィーン氏が逮捕される。

Kul-nā Shurakā', February 22, 2011

Kul-nā Shurakā’, February 22, 2011

在ダマスカス・リビア大使館前で、リビアでの国民に対する暴力行使に抗議し、ムアンマル・カッザーフィー大佐の退任を求める座り込みが行われる。抗議行動には約150人が参加。参加者の多くはフェイスブックの呼びかけに応えて集まる。デモは治安要員によって強制排除される。

有識者約130人が連名で声明を発表。専制と腐敗に反対し、「専制に次ぐ専制のなか、この我々人民が長らく闘ってきた歴史的に重要な日々において次々と倒れていくだろう」と述べ、リビアの国民との連帯を訴えた。署名したのはドゥライド・ラッハーム(Durayd Laḥḥām)、ムハンマド・ムリッス(Muḥammad Muliṣṣ)、ムハンマド・ジャマール・バールード(Muḥammad Jamāl Bārūd)、ハイダル・ハイダル(Ḥaydar Ḥaydar)、ナビール・スライマーン(Nabīl Sulaymān)ら。

Akhbār al-Sharq, February 23, 2011、Kul-nā Shurakā’ Sūrīya, February 22, 2011, February 23, 2011などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力 パーマリンク