スプートニクはトルコのシムシェキ副首相が「アサド大統領抜きでシリア紛争解決は非現実」と述べたと伝える一方、副首相本人は発言を否定(2017年1月20日)

スプートニク・ニュース(1月20日付)は、トルコのメフメト・シムシェキ副首相が、アサド大統領抜きでシリアの紛争を解決することが非現実だと述べたと伝えた。

シムシェキ副首相は、スイスで開催中の世界経済フォーラム(ダボス会議)でのシリア・イラクに関するセッションで「我々はプラグマティストにならねばならない。現地情勢は大きく変化した。トルコはもはや、アサドなしでの事態正常化に固執することなどできない。これは非現実的だ」と述べたという。

シムシェキ副首相はまた、「アサドに対する我々の姿勢に関して、我々はシリア国民の苦難と悲劇の責任の一切が明らかにアサドにあることと考えている」と付言したという。

しかし、副首相はその後、声明を出し、そうした発言は行っていないと否定した。

ARA News, January 20, 2017

ARA News, January 20, 2017

AFP, January 20, 2017、AP, January 20, 2017、ARA News, January 20, 2017、Champress, January 20, 2017、al-Hayat, January 21, 2017、Iraqi News, January 20, 2017、Kull-na Shuraka’, January 20, 2017、al-Mada Press, January 20, 2017、Naharnet, January 20, 2017、NNA, January 20, 2017、Reuters, January 20, 2017、Sputnik News, January 20, 2017、SANA, January 20, 2017、UPI, January 20, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.


カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク