YPG主導のシリア民主軍は、トルコ軍が攻略をめざすマンビジュ市(アレッポ県)一帯に米軍地上部隊が展開したと発表(2017年2月28日)

西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍は、アレッポ県ユーフラテス川西部の拠点都市マンビジュ市一帯に米軍地上部隊が展開したと発表した。

発表は、ハワール・キッリス作戦司令室とともにダーイシュの拠点都市バーブ市を制圧したトルコが、マンビジュ市攻略への意志を改めて示したことを受けたもので、地元の活動家らは、マンビジュ市一帯と思われる地域を走行する米軍の車輌の画像をインターネットを通じて公開した。

シリア民主軍の司令部筋によると、数日前にシリア領内の西クルディスタン移行期民政局支配地域を訪問した米軍中央司令部(CENTCOM)のジョゼフ・ヴォーテル司令官(大将)は、有志連合が、トルコ軍ないしは同軍の支援を受ける武装集団からのあらゆる攻撃に対してマンビジュ市を防衛することを約束したという。

スマート・ニュース(2月28日付)、クッルナー・シュラカー(2月28日付)が伝えた。

Kull-na Shuraka’, February 28, 2017

AFP, February 28, 2017、AP, February 28, 2017、ARA News, February 28, 2017、Champress, February 28, 2017、al-Hayat, March 1, 2017、Iraqi News, February 28, 2017、Kull-na Shuraka’, February 28, 2017、al-Mada Press, February 28, 2017、Naharnet, February 28, 2017、NNA, February 28, 2017、Reuters, February 28, 2017、SANA, February 28, 2017、SMART News, February 28, 2017、UPI, February 28, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク