シリア軍はダマスカス県東部のアッバースィーイーン・バス・ターミナル、ジャウバル区北部工業地区からシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団を放逐(2017年3月20日)

ダマスカス県では、SANA(3月20日付)によると、シリア軍が県東部のアッバースィーイーン・バス・ターミナル、ジャウバル区北部工業地区から反体制武装集団を排除、同地を奪還した。

シリア人権監視団によると、戦闘はシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団が拠点とするカーブーン区、バルザ区一帯、イスラーム軍が拠点とするダマスカス郊外県東グータ地方一帯で激しく行われた。

またシリア軍戦闘機がジャウバル区、カーブーン区一帯を100回以上にわたり重点的に空爆した。

県東部のアッバースィーイーン・バス・ターミナル、工業地区一帯は、19日にシャーム解放委員会、シャーム自由人イスラーム運動、イスラーム軍、ラフマーン軍、第1旅団が侵攻し、クッルナー・シュラカー(3月20日付)によると、2日間の戦闘で、シリア軍は士官19人を失った。

SANA, March 20, 2017

SANA, March 20, 2017

SANA, March 20, 2017

SANA, March 20, 2017

SANA, March 20, 2017

SANA, March 20, 2017

SANA, March 20, 2017

SANA, March 20, 2017

SANA, March 20, 2017

SANA, March 20, 2017

SANA, March 20, 2017

SANA, March 20, 2017

一方、SANA(3月20日付)によると、マズラア地区にあるロシア大使館の施設に対して反体制武装集団が砲撃を行い、施設のガラスが割れるなどの被害を受けた。

AFP, March 20, 2017、AP, March 20, 2017、ARA News, March 20, 2017、Champress, March 20, 2017、al-Hayat, March 21, 2017、Iraqi News, March 20, 2017、Kull-na Shuraka’, March 20, 2017、al-Mada Press, March 20, 2017、Naharnet, March 20, 2017、NNA, March 20, 2017、Reuters, March 20, 2017、SANA, March 20, 2017、UPI, March 20, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク