YPG主導のシリア民主軍報道官「ラッカ市制圧にはあと数ヶ月を要する」(2017年3月31日)

西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主導のシリア民主軍の報道官を務めるルージュダー・フィラート女史は、ダーイシュ(イスラーム国)の中心都市ラッカ市孤立化を目的とする「ユーフラテスの怒り」作戦の進捗に関して、ラッカ市制圧にあと数ヶ月を要するだろうとの見込みを示した。

シリア民主軍は、ラッカ市への攻撃を4月中に実施するとの工程を示していたが、フィラート女史によると、ラッカ市西部のダーイシュの拠点都市タブカ市、タブカ・ダム(ユーフラテス・ダム)攻略が、ダーイシュによるダム破壊の脅迫や爆発物の撤去などにより困難を極めているため、ラッカ市に対する攻撃も順延となったという。

『ハヤート』(4月1日付)が伝えた。

AFP, March 31, 2017、AP, March 31, 2017、ARA News, March 31, 2017、Champress, March 31, 2017、al-Hayat, April 1, 2017、Iraqi News, March 31, 2017、Kull-na Shuraka’, March 31, 2017、al-Mada Press, March 31, 2017、Naharnet, March 31, 2017、NNA, March 31, 2017、Reuters, March 31, 2017、SANA, March 31, 2017、UPI, March 31, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク