AKIは実証困難としながらも、6年におよぶ戦闘でアラウィー派の若者15万人が死亡したと報じる(2017年4月18日)

AKI(4月18日付)は、ロシア高官筋からの情報に基づいて著名な反体制活動家が明らかにしたの話として、6年におよぶシリア国内での戦闘によって、アラウィー派の若者約15万人が死亡したと伝えた。

死亡したアラウィー派の若者らは、正規軍に所属しない民兵の戦闘員、治安機関要員だという。

なおこの数値に関して、AKIは実証は困難とする一方、国内外の関連機関は犠牲者総数を最大で75万人と推計していると付言している。

AFP, April 18, 2017、AKI, April 18, 2017、AP, April 18, 2017、ARA News, April 18, 2017、Champress, April 18, 2017、al-Hayat, April 19, 2017、Iraqi News, April 18, 2017、Kull-na Shuraka’, April 18, 2017、al-Mada Press, April 18, 2017、Naharnet, April 18, 2017、NNA, April 18, 2017、Reuters, April 18, 2017、SANA, April 18, 2017、UPI, April 18, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 国内の暴力 パーマリンク