東グータ地方東部でシリア軍とイスラーム軍が激しく抗戦(2018年2月28日)

ダマスカス郊外県では、ドゥラル・シャーミーヤ(2月28日付)によると、イスラーム軍が東グータ地方のフーシュ・ダワーヒラ村一帯に進軍したシリア軍部隊(共和国護衛隊)と交戦した。

イスラーム軍のハムザ・ビールクダール報道官は、ツイッターのアカウントを通じて「アサドの民兵は(フーシュ・ダワーヒラ)村の制圧を試み、重火器、戦闘機、ナパーム弾、白リン弾といった国際的に禁止された焼夷弾、毒ガスを使用している」と主張した。

al-Durar al-Shamiya, February 28, 2018

また、シリア解放戦線、ラフマーン軍団、シャーム解放委員会などからなる「彼らが不正を働いた」作戦司令室は、ハラスター市郊外のダマスカス・ヒムス街道(国際幹線道路)近くの前線でシリア軍と交戦した。

al-Durar al-Shamiya, February 28, 2018

AFP, February 28, 2018、ANHA, February 28, 2018、AP, February 28, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 28, 2018、al-Hayat, March 1, 2018、Reuters, February 28, 2018、SANA, February 28, 2018、UPI, February 28, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク