外務在外居住者省事務次官「大使館を許可なく閉じた者が決定を変更することを歓迎するが、戻って来て欲しいなどと乞うことはない」(2019年1月13日)

外務在外居住者省のアイマン・スーサーン次官は、「ダマスカスの大使館を許可なく閉じ、その後…シリアに破壊をもたらしたテロに対するアプローチに沿って、自らの決定を変更したいと考えている者を、我々は歓迎しているが…、我々は誰かに戻って来て欲しいなどと乞うことはない」と述べた。

スーサーン次官はまた「西側の外交官の多くから我々は前向きで良い言葉を耳にしている…。ダマスカスはベイルートより安全で、シリアに戻りたいと言っている西側外交官さえいる。しかし、最終決定は彼らの政府次第だ」と付言した。

ANHA(1月13日付)、ドゥラル・シャーミーヤ(1月13日付)などが伝えた。

AFP, January 13, 2019、ANHA, January 13, 2019、AP, January 13, 2019、al-Durar al-Shamiya, January 13, 2019、al-Hayat, January 14, 2019、Reuters, January 13, 2019、SANA, January 13, 2019、UPI, January 13, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク