米軍増援部隊がイラク領内からヒムス県南東部のイラク・ヨルダン国境に面するタンフ国境通行所一帯地域に到着(2019年2月9日)

アナトリア通信(2月10日付)は、イラクのアンバール県の複数の地元筋、軍情報筋の情報として、米主導の有志連合が占領するヒムス県南東部のイラク・ヨルダン国境に面するタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)にイラク領内(アサド基地)から米軍の増援部隊が入った、と伝えた。

増援部隊は、ハンヴィー(HMMWV)、重火器などから編成されており、匿名筋によると、ダイル・ザウル県南東部でのダーイシュ(イスラーム国)に対する人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍による総攻撃に合わせて、イラク・シリア国境の安全を確保することが目的だという。

AFP, February 10, 2019、Anadolu Ajansı, February 10, 2019、ANHA, February 10, 2019、AP, February 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, February 10, 2019、al-Hayat, February 11, 2019、Reuters, February 10, 2019、SANA, February 10, 2019、UPI, February 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク