イスラエル軍はクナイトラ県にあるシリア民族社会党の民兵組織「颶風の鷹」の拠点を爆撃(2019年3月5日)

クナイトラ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(3月5日付)によると、イスラエル軍が3日深夜から4日未明にかけて、県北部のハドル村近郊を爆撃した。

複数の消息筋によると、同地はシリア民族社会党の民兵組織「颶風(ぐふう)の鷹」が展開する地域で、爆撃は颶風の鷹の拠点複数カ所に対して行われたという。

同消息筋は、爆撃が颶風の鷹がヒズブッラーとの協力の一環として、ヒズブッラーのハドル村一帯への展開と偵察・監視活動の実施を促したことへの対抗措置だという。

AFP, March 5, 2019、ANHA, March 5, 2019、AP, March 5, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 5, 2019、al-Hayat, March 6, 2019、Reuters, March 5, 2019、SANA, March 5, 2019、UPI, March 5, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き, 諸外国の動き パーマリンク