ダイル・ザウル県南東部でダーイシュ戦闘員数十人がYPG主体のシリア民主軍に投降(2019年3月15日)

ダイル・ザウル県では、ANHA(3月15日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が総攻撃を続けるダーイシュ(イスラーム国)最後の支配地バーグーズ村で、負傷したダーイシュ戦闘員数十人がシリア民主軍に新たに投降した。

一方、ダーイシュは、バーグーズ村近郊にシリア民主軍が開設した回廊3カ所で、投降した戦闘員と家族に対して3回にわたり自爆攻撃を行った。

この攻撃で投降した戦闘員6人が死亡したという。

このほか、シリア民主軍は、バーグーズ村近郊の拠点に潜入しようとしたダーイシュ戦闘員4人を拘束した。

AFP, March 15, 2019、ANHA, March 15, 2019、AP, March 15, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 15, 2019、al-Hayat, March 16, 2019、Reuters, March 15, 2019、SANA, March 15, 2019、UPI, March 15, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク