アレッポ県北部に駐留するトルコ軍の拠点が砲撃を受け、兵士1人死亡(2019年3月31日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(3月31日付)によると、アフリーン市近郊のトルコ軍拠点が迫撃砲による攻撃を受け、トルコ軍兵士1人が死亡、1人が負傷した。

アナトリア通信(3月31日付)によると、トルコ軍は、迫撃砲が発射されたジャラーブルス市東部のズール・マガール村にある人民防衛隊(YPG)の拠点複数カ所に対して反撃を行った。

一方、ANHA(3月31日付)によると、シャッラー村近郊のマリーミーヤ村でトルコ軍部隊が何者かの攻撃を受け、兵士3人が死亡、3人が負傷した。

AFP, March 31, 2019、Anadolu Ajansı, March 31, 2019、ANHA, March 31, 2019、AP, March 31, 2019、al-Durar al-Shamiya, March 31, 2019、al-Hayat, April 1, 2019、Reuters, March 31, 2019、SANA, March 31, 2019、UPI, March 31, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク