トルコ諜報機関は「これ以上事態が悪化すれば、ロシア・トルコによる停戦合意は崩壊する」とのエルドアン大統領のメッセージを伝える一方、国民解放戦線に最新鋭武器を供与(2019年5月15日)

ロイター(5月15日付)は、「反体制派の大物」筋の話として、ハマー県北部でのシリア軍との戦闘に関して、トルコの諜報機関が反体制派にメッセージを伝えたとし、その内容を明らかにした。

同消息筋はロイターに対して「(トルコのレジェップ・タイイップ・)エルドアン大統領は(ロシアのヴラジミール・)プーチン大統領に対して、これ以上問題が悪化すれば、(停戦にかかる)合意は崩壊する」と述べたと伝えられた」と語った。

同消息筋によると、トルコの諜報機関はまた、過去1年間にわたり反体制武装集団が激しい爆撃に耐えたことで、トルコの立場は強化され、モスクワに対して攻撃を弱めるよう圧力がかけられるようになった」とも伝えたという。

**

イナブ・バラディー(5月15日付)は、「自由シリア軍」司令官の話として、トルコが国民解放戦線に、コルネット・ミサイル、TOW対戦車ミサイル、コンコルス・ミサイルなどの高性能兵器を新たに供与したと伝えた。

AFP, May 15, 2019、ANHA, May 15, 2019、AP, May 15, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 15, 2019、al-Hayat, May 16, 2019、Reuters, May 15, 2019、SANA, May 15, 2019、SOHR, May 15, 2019、UPI, May 15, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク