トルコの支援を受ける反体制武装集団が北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市一帯を砲撃(2019年5月18日)

アレッポ県では、ANHA(5月18日付)によると、トルコが実質占領するカフルハーシル村とアアザーズ市で活動する反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市一帯を20発以上の砲弾で砲撃した。

これに対し、アフリーン解放軍団が声明を出し、タッル・リフアト市近郊のマンナグ村、アイン・ダクナ村一帯でトルコ軍およびその支援を受ける反体制武装集団と交戦、多数の戦闘員を殲滅したと発表した。

トルコ軍と反体制武装集団は15日から同地への攻撃を強めていたという。

AFP, May 18, 2019、ANHA, May 18, 2019、AP, May 18, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 18, 2019、al-Hayat, May 19, 2019、Reuters, May 18, 2019、SANA, May 18, 2019、SOHR, May 18, 2019、UPI, May 18, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク