ダルアー県サナマイン市へのシリア軍の封鎖が続くなか、何者かが治安機関本部を砲撃(2019年5月19日)

ダルアー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(5月20日付)によると、サナマイン市にある治安機関の本部に対して何者かがRPG弾を発射した。

事件は、シリア軍がサナマイン市で15日に拘束した3人(反体制武装集団の司令官だったワリード・ザフラ氏の兄弟マジュディー・ザフラ氏とアギード・ザフラ氏、そしてアブー・サーリフを名のる人物)のうちの1人(アギード氏)が拷問で死亡したとの情報が流れたことを受けたもの。

3人の拘束に対して住民が反発し、シリア軍兵士2人が死亡する騒ぎとなるなど、サナマイン市は緊張状態が続いており、シリア軍が同地を封鎖している。

AFP, May 20, 2019、ANHA, May 20, 2019、AP, May 20, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 20, 2019、al-Hayat, May 21, 2019、Reuters, May 20, 2019、SANA, May 20, 2019、SOHR, May 21, 2019、UPI, May 20, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク