トルコ占領下のアレッポ県北部各所に対するYPG系武装集団が攻勢を強めトルコ軍兵士1人が死亡、トルコ軍は北・東シリア自治局支配地域を砲撃、増援部隊派遣(2019年6月26日)

アレッポ県では、アフリーン解放軍団が声明を出し、トルコの占領下にあるアフリーン市近郊のジャルバラ村にあるトルコ軍の拠点2カ所を攻撃し、トルコ軍兵士1人を殺害、3人を負傷させたと発表した。

また、ドゥラル・シャーミーヤ(6月26日付)によると、人民防衛隊(YPG)を主体とするシリア民主軍が、トルコ占領下のアフリーン市近郊のキーマール村にあるトルコ軍基地を砲撃し、トルコ軍兵士1人が死亡した。

これに関して、トルコ国防省は声明を出し、「オリーブの枝」地域(アフリーン郡)で水曜日(26日)、PKK(クルディスタン労働者党)/YPG(人民防衛隊)の戦闘員との戦闘で、トルコ軍兵士1人が死亡、5人が負傷したと発表した。

ANHA(6月26日付)、アナトリア通信(6月26日付)などが伝えた。

**

同じく、アレッポ県では、ANHA(6月26日付)によると、アフリーン市スィヤーサ通りでオートバイに仕掛けられた爆弾が爆発し、トルコの支援を受ける東部自由人連合のメンバー1人が負傷した。

これに関して、オリーブの怒り作戦司令室は声明を出し、関与を認めた。

**

一連の攻撃を受け、ANHA(6月26日付)によると、アレッポ県アアザーズ市近郊のカルジャブリーン村一帯で活動するトルコ軍と反体制武装集団は、北・東シリア自治局(アフリーン地域)とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊のバイルーニーヤ村を砲撃した。

また、反体制武装集団がアフリーン市近郊にあるキーバール村(ヤズィーディー教徒の村)の住民2人を拉致した。

さらに、ドゥラル・シャーミーヤ(6月26日付)によると、人民防衛隊(YPG)を主体とするシリア民主軍に近いオリーブの怒り作戦司令室の攻勢を受け、トルコ軍は北・東シリア自治局(マンビジュ民政局)の支配下にあるマンビジュ市一帯とトルコ占領地域(ユーフラテスの盾地域)の境界地帯に重火器、兵員輸送車からなる増援部隊を派遣した。

**

このほか、アレッポ県では、ANHA(6月26日付)によると、北・東シリア自治局(ユーフラテス地域)の支配下にあるコバネ(アイン・アラブ)市近郊の農地で火災が発生、8平方キロメートルが焼失した。

**

ラッカ県では、ANHA(6月26日付)によると、北・東シリア自治局(タブカ民政局)統治下のタブカ市の第2地区で車に仕掛けられた爆弾が爆発し、1人が負傷した。

AFP, June 26, 2019、Anadolu Ajansı, June 26, 2019、ANHA, June 26, 2019、AP, June 26, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 26, 2019、al-Hayat, June 27, 2019、Reuters, June 26, 2019、SANA, June 26, 2019、SOHR, June 26, 2019、UPI, June 26, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク