シリア軍によるイドリブ県、ハマー県の爆撃、反体制派との戦闘で民間人6人を含む21人が死亡、ロシア軍の爆撃は確認されず(2019年6月27日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから57日目となる6月27日、シリア軍は爆撃を継続、シリア軍とシャーム解放機構などからなる反体制武装集団が交戦した。

シリア人権監視団によると、4月30日以降の戦闘による犠牲者数は前日より21人(民間人6人、シリア軍兵士11人、反体制武装集団戦闘員4人)増えて1,964人となった。

うち、532人が民間人(女性105人、子供132人を含む)、642人がシリア軍兵士、790人が反体制武装集団戦闘員。

シリア軍戦闘機による爆撃回数は75回を記録した。

またシリア軍地上部隊による砲撃は400発におよんだ。

ロシア軍の爆撃は確認されなかった。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が戦闘機でイドリブ市一帯、ハーン・シャイフーン市、マアッラト・ヌウマーン市、バーラ村、イフスィム村、カフルルーマー村一帯、フバイト村、カルサア村、シャイフ・ムスタファー村、ハザーリーン村、カフルサジュナ村、ナキール村、バアルブー村、ウライニバ村、マダーヤー村、シャイフ・ダーミス村、ラカーヤー村、マアッルズィーター村、カフルナブル市、トゥラムラー村に対して爆撃を実施するとともに、地上部隊が県南部および西部の戦闘地域を砲撃した。

ドゥラル・シャーミーヤ(6月27日付)によると、この爆撃によりバーラ村で民間人3人、カフルサジュナ村で子供1人と女性1人が死亡した。

一方、SANA(6月27日付)によると、シリア軍がカッサービーヤ村に侵攻を試みたシャーム解放機構を撃退した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が戦闘機でフワイズ一帯に対して爆撃を実施するとともに、地上部隊がサフリーヤ村、ダイル・サンバル村、フワイジャ村、ハウワーシュ村などを砲撃した。

一方、SANA(6月27日付)によると、シリア軍がカフルヌブーダ町でシャーム解放機構、イッザ大隊(イッザ軍団)と交戦した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シャーム解放機構が県西部のフータ村にある自由アレッポ県議会の支部を襲撃し、車輌や施設内の備品を押収した。

**

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を12件(アレッポ県2件、ラタキア県6件、ハマー県4件)確認したと発表した。

トルコ側の監視チームは停戦違反を13件(アレッポ県1件、ラタキア県6件、イドリブ県5件、ハマー県6件)確認した。

AFP, June 27, 2019、ANHA, June 27, 2019、AP, June 27, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 27, 2019、al-Hayat, June 28, 2019、Reuters, June 27, 2019、SANA, June 27, 2019、SOHR, June 27, 2019、UPI, June 27, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク