北・東シリア自治局は声明で「シリアを分割する意思はない」と表明(2019年11月17日)

北・東シリア自治局の渉外関係局(外務省に相当)は声明を出し、分離独立の意思はないと強調した。

渉外関係局は「我々はシリア北・東部の成員であり、シリアを分割するいかなる目的もない。我々に対して向けられる、我々がシリアを分割しようとしているという言葉や嫌疑は正しくないし、現実から乖離している…。我々は、8年にわたり占領勢力、ダーイシュ(イスラーム国)やヌスラ(シャーム解放機構)の傭兵と戦うことで、シリア分割を試みようとする道を絶ち、シリアの国土と統一を守ろうとしてきた。我々には分割の意思はない」と強調した。

AFP, November 17, 2019、ANHA, November 17, 2019、AP, November 17, 2019、al-Durar al-Shamiya, November 17, 2019、Reuters, November 17, 2019、SANA, November 17, 2019、SOHR, November 17, 2019、UPI, November 17, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク