シリア軍とシャーム解放機構などからなる反体制派がイドリブ県南東部で激しく交戦し多数死亡、シリア軍は1カ村を奪還(2019年12月3日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍とシャーム解放機構などからなる反体制武装集団がスルージュ村一帯、ウンム・ティーナ村一帯で交戦し、シリア軍兵士9人、反体制武装集団戦闘員25人が死亡した。

戦闘の末、シリア軍はスルージュ村を制圧(奪還)した。

シリア軍はまた、ヘリコプターがカフルナブル市、イフスィム村、カフルルーマー村一帯、ジャバーラー村、マアッラト・タマーティル村、ファルキヤー村、ファッティーラ村、ハーッス村、マアッルズィーター村、マアッラト・スィーン村、カルサア村、ハザーリーン村、カンスフラ村、カフルシャラーヤー村、ムハムバル村、アウラム・ジャウズ村を「樽爆弾」で爆撃、戦闘機がサルマーン村、シャアラ村、ガッサーニーヤ村、シャイフ・スィンドヤーン村、カンダ村、マルアンド村、バルサ村、カトラ村を爆撃した。

ロシア軍戦闘機もマアッラト・ヌウマーン市およびその一帯、カフルナブル市などを爆撃した。

一連の爆撃により、ムハムバル村で男性1人が死亡した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がカッバーナ村一帯を爆撃した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シャーム解放機構などからなる反体制武装集団がワディーヒー村を砲撃し、子ども1人が死亡した。

**

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を56件(イドリブ県19件、ラタキア県17件、アレッポ県13件、ハマー県7件)確認したと発表した。

トルコ側の監視チームは停戦違反を36件(イドリブ県30件、ラタキア県2件、アレッポ県4件、ハマー県0件)確認した。

AFP, December 3, 2019、ANHA, December 3, 2019、AP, December 3, 2019、al-Durar al-Shamiya, December 3, 2019、Ministry of Defence of the Russian Federation, December 3, 2019、Reuters, December 3, 2019、SANA, December 3, 2019、SOHR, December 3, 2019、UPI, December 3, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク