シリア民主軍がトルコ占領地を砲撃し女性1人死亡、トルコ軍によると思われる砲撃でシリア軍兵士2人死亡(2019年12月3日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がトルコ占領下のアアザーズ市を砲撃し、女性1人が死亡した。

これに対して、トルコ軍とその支援を受ける国民軍も反撃、北・東シリア自治局とシリア政府支配下のタッル・リフアト市近郊(シーラーワー村一帯)を砲撃した。

ANHA(12月3日付)によると、砲撃を受けたのは、スーガーニカ村、アキーバ村一帯、シャワーリガ村、シャワーリガ砦、マーリキーヤ村、アルカミーヤ村、マルアナーズ村、タッル・マディーク村、シャフバー・ダム、タッル・リフアト市、バイルーニーヤ村、アイン・ダクナ村。

一方、トルコ占領下のバザーア村では、ハムザ師団の司令官が何者かによって射殺された。

**

ラッカ県では、ANHA(12月3日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける国民軍がラアス・アイン(スィリー・カーニヤ)市近郊のクファイファ村を砲撃した。

また、ドゥラル・シャーミーヤ(12月3日付)によると、アイン・イーサー市近郊のザヌーバー村が砲撃を受け、シリア軍兵士2人が死亡した。

砲撃はトルコ軍によるものと思われるという。

**

一方、トルコ国防省は声明を出し、「平和の泉」作戦実施地域に対するシリア民主軍の砲撃でトルコ軍兵士1人が戦死したと発表した。

声明によると、トルコ軍はシリア民主軍の砲撃に対してただちに応戦し、複数の標的を破壊したという。

AFP, December 3, 2019、ANHA, December 3, 2019、AP, December 3, 2019、al-Durar al-Shamiya, December 3, 2019、Reuters, December 3, 2019、SANA, December 3, 2019、SOHR, December 3, 2019、UPI, December 3, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク