ダルアー市でシリア軍とヌスラ戦線、自由シリア軍からなる「南部の嵐の戦い」作戦司令室の攻防続く(2015年6月29日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ダルアー市の制圧をめざすシャームの民のヌスラ戦線、自由シリア軍南部戦線など「南部の嵐の戦い」作戦司令室が、同市マンシヤ地区などで、シリア軍と交戦した。

この戦闘で、ナワー殉教者旅団の司令官が負傷し、死亡した。

「南部の嵐の戦い」作戦司令室に所属する武装集団はまた、アトマーン村郊外のシリア軍拠点を砲撃、これに対してシリア軍はタファス市、ブスル・ハリール市を「樽爆弾」などで空爆した。

一方、SANA(6月29日付)によると、ダルアー市ウマリー・モスク一帯、ヨルダン通り、トゥッラービーヤ広場一帯、ビイル・シヤーフ地区、マンシヤ地区、ヌアイマ村、西ガーリヤ村、タファス市、ヤードゥーダ村、ガラズ刑務所で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線、ハウラーン殉教者大隊、ムウタッズ・ビッラー旅団、シャーム自由人イスラーム運動の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(6月29日付)によると、反体制武装集団がフッス山にあるSyriatelを拠点としていたシリア軍を襲撃し、士官1人を含む兵士10人を殺害した。

またアレッポ市西部のハラブ・ジャディーダ地区一帯、旧市街(アレッポ城)一帯で、シリア軍、国防隊(バアス大隊など)、ヒズブッラー戦闘員、クドス旅団(パレスチナ人)が、ジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(6月29日付)によると、アレッ市ジュッブ・クッバ地区、ブアイディーン地区、フィルドゥース地区、マルジャ地区、カースィティールー地区、ハージブ村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ヒムス市ワアル地区をシリア軍が砲撃した。

**

クナイトラ県では、シリア人権監視団によると、ダマスカス郊外県との県境一帯で、シリア軍、国防隊がジハード主義武装集団と交戦した。

またシャームの民のヌスラ戦線はタルジャナ村のシリア軍拠点を砲撃、シリア軍と交戦した。

一方、SANA(6月29日付)によると、西サムダーニーヤ村、ハムル丘、タルジャナ村北部、カブア丘で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がハラスター市一帯などを空爆する一方、ジュダイダト・アルトゥーズ町郊外の住宅街を強制捜査し、住民数十人を逮捕した。

一方、SANA(6月29日付)によると、バイト・ジン村、ハーン・シャイフ・キャンプ一帯、ザブディーン村、バハーリーヤ村、ドゥーマー市で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線、イスラーム旅団の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、ジャウバル区各所をシリア軍が空爆、国防隊、ヒズブッラー戦闘員とともに、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(6月29日付)によると、ジャウバル区をシリア軍が空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、SANA(6月29日付)によると、ブサンクール村、カンスフラ村、ハーン・シャイフーン市、タマーニア町をシリア軍が空爆し、ファトフ軍の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, June 29, 2015、AP, June 29, 2015、ARA News, June 29, 2015、Champress, June 29, 2015、al-Durar al-Shamiya, June 29, 2015、al-Hayat, June 30, 2015、Iraqi News, June 29, 2015、Kull-na Shuraka’, June 29, 2015、al-Mada Press, June 29, 2015、Naharnet, June 29, 2015、NNA, June 29, 2015、Reuters, June 29, 2015、SANA, June 29, 2015、UPI, June 29, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク