ロシアのプーチン大統領はCSTOサミットで、ダーイシュ(イスラーム国)などに対する「テロとの戦い」を続けるシリア政府への軍事・技術支援への参加を呼びかける(2015年9月15日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領は、タジキスタンの首都ドゥシャンベで開かれた集団安全保障条約機構(CSTO)サミットで、シリアへの軍事・技術支援を継続すると改めて表明するとともに、諸外国に対して、ダーイシュ(イスラーム国)を含むテロ組織殲滅のためシリア政府への支援に参加するよう呼びかけた。

プーチン大統領は「我々はテロ攻撃に対して戦いを続けるシリア政府を支援している。我々は同国への軍事・技術支援を提供し続ける」と述べうえで、自身が設立を呼びかけているダーイシュなどのアル=カーイダ系テロ組織に対する地域・国際同盟を踏まえ、参加国に対して、「テロと戦う正統な(シリア)政府への支援に参加」するようを呼びかけた。

またシリア情勢に関しては「シリアの政治改革について検討する必要がある。我々は、バッシャール・アサド大統領が平和的で建設的な反体制勢力とともに、国家運営に参加する用意があることを知っている」としつつ、以下のように述べ、「テロとの戦い」を最優先にすべきだと強調した。

「テロと戦う諸勢力を統合する必要が今日確実に優先されるべきだ…。今日の最優先事項とは、テロに対する我々の力を一つにすることにある。そうしなければ、難民問題などの火急の課題も解決できない…。シリア政府そして軍の役割なしに、そしてまたシリア軍が現地でダーイシュ(イスラーム国)に対して行っている戦闘なしに、この国さらに地域全体からテロリストを排除することはできない」。

なお集団安全保障条約機構(CSTO)サミットには、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスタン、アルメニアの首脳が参加した。

『ハヤート』(9月16日付)、SANA(9月15日付)などが伝えた。

**

一方、ロシア外務省高官は日刊紙『ベドモスチ』(9月15日付)に対し、ロシア軍がシリア国内での軍事作戦に参加しているなどとするロイターなどの報道内容を改めて否定、ロシア軍がタルトゥース海軍基地、ラタキア県の航空基地で任務についているだけだと述べた。

AFP, September 15, 2015、AP, September 15, 2015、ARA News, September 15, 2015、Champress, September 15, 2015、al-Hayat, September 16, 2015、Iraqi News, September 15, 2015、Kull-na Shuraka’, September 15, 2015、al-Mada Press, September 15, 2015、Naharnet, September 15, 2015、NNA, September 15, 2015、Reuters, September 15, 2015、SANA, September 15, 2015、UPI, September 15, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク