ロシアのプーチン大統領が国連総会で演説「テロに真正面から果敢に戦いを挑んでいるシリア政府やその軍との協力を拒否することは大きな間違え…アサド大統領の軍、そしてクルド人の部隊以外にシリアでダーイシュなどのテロ組織と真に戦っている者はいないということを認めるべき」(2015年9月28日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領は28日、国連総会で一般討論演説を行った。

シリア情勢に関して、プーチン大統領は以下のように述べた。

「いわゆるイスラーム国の旗のもとで、数十万の民兵が戦っている。そのなかには、2003年のイラク侵攻で路頭に放り出された元イラク兵も含まれている。多くの兵士がリビアからやって来ているが、この国は国連安保理決議第1973号への深刻な違反によって破壊されたと理解し得る国だ。そして今度は、過激派集団に、西側諸国の支援を受けているシリアのいわゆる「穏健な反体制派」のメンバーが加わっている」。

「彼らはまず武装し、教練を受け、そしていわゆるイスラーム国に鞍替えしている。さらにイスラーム国そのものが、どこからともなく表れたのではない。彼らはそもそもは、望ましくない世俗的体制を倒すための道具として登場したのだ」。

「ロシアは常に一貫して、あらゆるテロと戦ってきた。今日、我々は、テロ組織と戦っているイラク、シリアといった地域諸国に軍事・技術支援を行いっている」。

「我々は、テロに真正面から果敢に戦いを挑んでいるシリア政府やその軍との協力を拒否することは大きな間違えだと考えている。我々は、アサド大統領の軍、そしてクルド人の部隊以外にシリアでイスラーム国などのテロ組織と真に戦っている者はいないということを認めるべきだ」。

「ロシアは近く…、中東における脅威を包括的に分析するための閣僚会合を(国連で)招集するつもりだ。我々は何よりもまず、イスラーム国をはじめとするテロ組織と対決するすべての勢力の活動を調整するための決議に合意できるかを議論することを提案する…。この調整は、国連憲章の原則に基づくべきだ」。

「そのうえで、新たな難民キャンプを設置する必要がある…。しかし、この問題(難民・移民問題)を根本的に解決する方法とは、破壊されたかれらの彼らの国を建て直し、政府機関を強化し…、包括的な軍事、経済、物的支援を行うことにある…。主権国家に対するいかなる支援も、国連憲章に沿ってのみ行わ得るし、そうでなければならない」。

AFP, September 28, 2015、AP, September 28, 2015、ARA News, September 28, 2015、Champress, September 28, 2015、al-Hayat, September 28, 2015、Iraqi News, September 28, 2015、Kull-na Shuraka’, September 28, 2015、al-Mada Press, September 28, 2015、Naharnet, September 28, 2015、NNA, September 28, 2015、Reuters, September 28, 2015、SANA, September 28, 2015、UPI, September 28, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク