シリア軍がラタキア県北部のラシュワーン丘を制圧(2015年11月18日)

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊がガマーム村周辺でジハード主義武装集団と交戦、ロシア軍と思われる戦闘機が県北部一帯を空爆した。

一方、SANA(11月18日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに県北部のラシュワーン丘で反体制武装集団と交戦、同地を制圧した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がシャイフ・マスキーン市、ラフム村、ムザイリーブ町、アクラバー村、ヤードゥーダ村、西ムライハ村を砲撃、シャイフ・アフマド村ではジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(11月18日付)によると、シリア軍がダルアー市マンシヤ地区、ブスラー広場南部、西ガーリヤ村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機4機が、アル=カーイダ系組織のジュンド・アクサー機構の本拠地とされるフバイト村一帯を22回にわたって空爆した。

一方、SANA(11月18日付)によると、シリア軍がシャイフ・ユースフ村、サラーキブ市でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

他方、イドリブ県で活動するアル=カーイダ系組織主導の武装連合組織のファトフ軍は声明を出し、アレッポ県南部で活動する武装集団にファトフ軍への参加を呼びかけた。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機3機が、カフルヌブーダ町、ジャービリーヤ村一帯、カサービーヤ村、カルカート村を空爆した。

またシリア軍が、ラターミナ町、マアルキバ村を「樽爆弾」などで空爆した。

一方、SANA(11月18日付)によると、シリア軍がマアルキバ村で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、SANA(11月18日付)によると、シリア軍がカフルハムラ村、ハーン・アサル村で反体制武装集団拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

シリア軍はまた、アレッポ市バニー・ザイド地区、フィルドゥース地区で特殊作戦を行い、反体制武装集団の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

一方、ARA News(11月18日付)は、アフリーン市一帯で緊張を強めていた西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊と、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなるジハード主義武装集団が、捕虜交換とアフリーン市封鎖解除で合意したと伝えた。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が、タルビーサ市一帯を砲撃した。

一方、SANA(11月18日付)によると、シリア軍がティールマアッラ村、アーミリーヤ村一帯、ウンム・シャルシューフ村一帯で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がドゥーマー市各所、ダーライヤー市東部一帯を地対地ミサイルや「樽爆弾」などで砲撃した。

AFP, November 18, 2015、AP, November 18, 2015、ARA News, November 18, 2015、Champress, November 18, 2015、al-Hayat, November 19, 2015、Iraqi News, November 18, 2015、Kull-na Shuraka’, November 18, 2015、al-Mada Press, November 18, 2015、Naharnet, November 18, 2015、NNA, November 18, 2015、Reuters, November 18, 2015、SANA, November 18, 2015、UPI, November 18, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク