ダーイシュ(ダーイシュ)はフランス軍、ロシア軍、シリア軍の空爆で住民20人が死亡したと発表:シリア人権監視団もフランス軍の空爆で住民6人が死亡したと発表(2015年11月18日)

ダーイシュ(イスラーム国)の通信部門アアマーク通信は、18日にフランス軍がラッカ市西部一帯および第17師団基地に対して行った空爆により、民間人10人が死亡し、8人が負傷したと発表した。

またロシア軍がダイル・ザウル県ブーカマール市に対して行った空爆でも子供3人を含む4人が死亡、9人が負傷し、シリア軍がアレッポ県バーブ市に対して行った空爆でも2人が死亡、10人が負傷したと主張した。

クッルナー・シュラカー(11月19日付)が伝えた。

**

一方、シリア人権監視団によると、ラッカ市北部で石油を運搬していたタンクローリーの車列が戦闘機(所属不明)の空爆を受け、住民6人が死亡した。

AFP, November 19, 2015、AP, November 19, 2015、ARA News, November 19, 2015、Champress, November 19, 2015、al-Hayat, November 20, 2015、Iraqi News, November 19, 2015、Kull-na Shuraka’, November 19, 2015、al-Mada Press, November 19, 2015、Naharnet, November 19, 2015、NNA, November 19, 2015、Reuters, November 19, 2015、SANA, November 19, 2015、UPI, November 19, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク