YPG主体のシリア民主軍はハサカ県で、シリア軍はダイル・ザウル軍、ヒムス県、アレッポ県でダーイシュ(イスラーム国)への攻勢を続ける(2015年11月24日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がミールビーヤ村一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、有志連合が同地を空爆した。

一方、ARA News(11月24日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)がタッル・シャーミーラーン村一帯で拉致していた住民(アッシリア教徒)のうち、女性5人を含む10人を解放した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダイル・ザウル航空基地一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、またシリア軍がジャフラ村を砲撃した。

**

ハマー県では、SANA(11月24日付)によると、シリア軍がハッスー・アルバーウィー村、ラフジャーン村でダーイシュ(イスラーム国)拠点・車列を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

アレッポ県では、SANA(11月24日付)によると、シリア軍が航空士官学校およびクワイリス航空基地周辺のすべての村、農村からダーイシュ(イスラーム国)を掃討し、同地を制圧した。

シリア軍はまた、タッル・アイユーブ村、タッル・アフマル村、ダイル・ハーフィル市でダーイシュの拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(11月24日付)によると、シリア軍がタドムル市西部郊外、カルヤタイン市西部、ジュッブ・ジャッラーフ村北東部のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, November 24, 2015、AP, November 24, 2015、ARA News, November 24, 2015、Champress, November 24, 2015、al-Hayat, November 25, 2015、Iraqi News, November 24, 2015、Kull-na Shuraka’, November 24, 2015、al-Mada Press, November 24, 2015、Naharnet, November 24, 2015、NNA, November 24, 2015、Reuters, November 24, 2015、SANA, November 24, 2015、UPI, November 24, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク