シリア軍がラタキア県のトルコ国境地帯の要衝ヌーバ山を再び制圧(2015年12月23日)

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、アラブ系・アジア系外国人戦闘員が、シャームの民のヌスラ戦線、トルキスターン・イスラーム党などからなるジハード主義武装集団との戦闘の末に、県北部山岳地帯の要衝ヌーバ山を再び奪還、制圧した。

一方、SANA(12月23日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、県北部アスワド・カビール山に近い458.5地点を制圧した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市南部郊外一帯で、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、アラブ系・アジア系外国人戦闘員が、シャームの民のヌスラ戦線、トルキスターン・イスラーム党などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

**

ダマスカス郊外県では、AFP(12月23日付)によると、ドゥーマー市郊外のダマスカス・ヒムス国際幹線道路一帯、マルジュ・スルターン村一帯で、シリア軍と反体制武装集団が交戦した。

一方、SANA(12月23日付)によると、シリア軍がナシャービーヤ町一帯およびマルジュ・スルターン村一帯、ハラスター市郊外農場地帯で進軍を続け、イスラーム軍、首都の盾旅団、アジュナード・シャーム・イスラーム連合などとの交戦の末、通信大隊基地およびその周辺を制圧した。

シリア軍また、フーシュ・ダワーヒラ村、ザマルカー町でラフマーン軍団、イスラーム軍などの拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がハウラ地方を空爆した。

一方、SANA(12月23日付)によると、シリア軍がタッルドゥー市、タルビーサ市、ラスタン市、ティールマアッラ村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(12月23日付)によると、シリア軍がマンスーラ村、ラハーヤー村でシャーム自由人イスラーム運動などファトフ軍と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、SANA(12月23日付)によると、シリア軍がビダーマー町でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, December 23, 2015、AP, December 23, 2015、ARA News, December 23, 2015、Champress, December 23, 2015、al-Hayat, December 24, 2015、Iraqi News, December 23, 2015、Kull-na Shuraka’, December 23, 2015、al-Mada Press, December 23, 2015、Naharnet, December 23, 2015、NNA, December 23, 2015、Reuters, December 23, 2015、SANA, December 23, 2015、UPI, December 23, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク