ロシア軍、シリア軍、シリア民主軍がアレッポ県、ラッカ県でダーイシュ(イスラーム国)に対して攻勢(2015年12月24日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機が、ハーン・トゥーマーン村およびその周辺、ズィルバ村、ザンマール町、タッル・ハディーヤ村などアレッポ市南部郊外とアレッポ市北部(米トルコが設置合意した「安全地帯」)のアフラス村を空爆した。

また、ARA News(12月24日付)によると、ロシア軍がダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つマンビジュ市を空爆し、住民15人が死亡した。

一方、「安全地帯」内のカフラ村郊外では、ダーイシュ(イスラーム国)がジハード主義武装集団戦闘員3人を殺害した。

他方、SANA(12月24日付)によると、シリア軍がシャルバア村、ラスム・カビール村、ラスム・カマー村、バーブ市、ナイラブ航空基地周辺、アイン・ジャフシュ村、ビージャーン丘、マシュラファ村、ナッジャーラ村、シャマーウィーヤ村、アイン・バイダー村、アイシャ村、ラスム・サルハーン村でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆などで攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

このほか、ARA News(12月24日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)に対する第2次掃討作戦を開始した西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍が、スィッリーン町郊外のサフジージュ・ジャバード村、ウバイダート村、マルワハ村、マンスィヤ村およびこれらの村周辺の農村2カ所を制圧した。

シリア民主軍はラッカ県のティシュリーン・ダム方面に向かって進軍を続けているという。

**

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、タッル・サマン村一帯で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、有志連合と思われる戦闘機が同地を空爆した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がマヒーン町およびその周辺、タドムル市およびその周辺を空爆、またシリア軍がマヒーン町でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

一方、SANA(12月24日付)によると、シリア軍がアイヤーシュ丘、マヒーン町郊外、ダフラト・アブー・ファラジュ村、ハドス村東部および北部、大マヒーン山一帯、フワーリーン村・マヒーン町分岐点、タドムル市郊外柑橘園一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆などで攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊がダイル・ザウル航空基地一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、戦闘機(所属不明)がダイル・ザウル市工業地区、カナーマート地区、ハウィーカ地区、フワイジャト・サクル、フサイニーヤ町、ジュナイナ村、ジャフラ村、マリーイーヤ村、サルダ山を25回以上にわたり空爆した。


AFP, December 24, 2015、AP, December 24, 2015、ARA News, December 24, 2015、Champress, December 24, 2015、al-Hayat, December 25, 2015、Iraqi News, December 24, 2015、Kull-na Shuraka’, December 24, 2015、al-Mada Press, December 24, 2015、Naharnet, December 24, 2015、NNA, December 24, 2015、Reuters, December 24, 2015、SANA, December 24, 2015、UPI, December 24, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク