シリア軍はダルアー県、ダマスカス郊外県、アレッポ県の「市民」に投降を呼びかける一方、トルコ軍の越境砲撃への反撃命令を発出(2016年2月14日)

シリア軍総司令部は声明を出し、ダルアー県、ダマスカス郊外県東グータ地方、アレッポ県東部の「市民」に対して、武器を放棄したうえで、シリア政府当局との国民和解を早急に実施し、日常生活に復帰するよう呼びかけた。

**

ARA News(2月14日付)は、シリア軍の複数の消息筋の話として、アレッポ県北部に対するトルコ軍の越境砲撃に対する反撃命令がシリア軍から出されたと伝えた。

AFP, February 14, 2016、AP, February 14, 2016、ARA News, February 14, 2016、Champress, February 14, 2016、al-Hayat, February 15, 2016、Iraqi News, February 14, 2016、Kull-na Shuraka’, February 14, 2016、al-Mada Press, February 14, 2016、Naharnet, February 14, 2016、NNA, February 14, 2016、Reuters, February 14, 2016、SANA, February 14, 2016、UPI, February 14, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク