ヒムス県における反体制派の拠点都市にシリア赤新月社が人道支援物資を搬入する一方、反体制派はシリア政府支配地域の村を砲撃(2016年11月22日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団の拠点都市ラスタン市にシリア赤新月社と国連の支援チームが人道支援物資を搬入した。

しかし、反体制武装集団は、シリア政府支配下のウンム・スィルジュ村を砲撃した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がラハーヤー村、ラターミナ町のイッザ軍拠点などを空爆、またシリア軍がブザーム丘の反体制武装集団拠点を砲撃した。

クッルナー・シュラカー(11月22日付)によると、ラターミナ町を空爆したのはロシア軍で、これによって7人が死亡したという。

**

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(11月22日付)によると、アレッポ市西部郊外からイドリブ市に帰還する途中のシャーム軍団の車輌が爆弾の爆発に巻き込まれ、乗っていた戦闘員3人が死亡した。

**

ラタキア県では、ARA News(11月22日付)によると、シリア軍と反体制武装集団がトルクメン山、クルド山一帯(キンサッバー町一帯)で交戦した。

**

クナイトラ県では、SANA(11月22日付)によると、シリア軍がハドル村近郊のハムリーヤ丘などでシャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団を砲撃した。

SANA, November 22, 2016

SANA, November 22, 2016

**

ダルアー県では、SANA(11月22日付)によると、シリア軍がダルアー市避難民キャンプ一帯でシャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団と交戦した。

AFP, November 22, 2016、AP, November 22, 2016、ARA News, November 22, 2016、Champress, November 22, 2016、al-Hayat, November 23, 2016、Iraqi News, November 22, 2016、Kull-na Shuraka’, November 22, 2016、al-Mada Press, November 22, 2016、Naharnet, November 22, 2016、NNA, November 22, 2016、Reuters, November 22, 2016、SANA, November 22, 2016、UPI, November 22, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク