ダマスカス郊外県タッル市でシリア政府と反体制武装集団が停戦に再合意(2016年11月29日)

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(11月29日付)によると、停戦合意後も散発的な戦闘が続いていたタッル市で、28日付でシリア軍と反体制武装集団の停戦合意が改めて成立した。

また、ハーン・シャイフ・キャンプを退去した反体制武装集団戦闘員とその家族はハマー県カルアト・マディーク町に到着した。

Kull-na Shuraka', November 29, 2016

Kull-na Shuraka’, November 29, 2016

**

なお、SANA(11月29日付)によると、シリア政府と反体制武装集団の停戦(国民和解)は、ハーン・シャイフ・キャンプの他に、ザーキヤ町、カナーキル村、キスワ市、フサイニーヤ町、タイバ村、ムカイラビーヤ市、マッラーナ村、ダルーシャー村でも推し進められた。

AFP, November 29, 2016、AP, November 29, 2016、ARA News, November 29, 2016、Champress, November 29, 2016、al-Hayat, November 30, 2016、Iraqi News, November 29, 2016、Kull-na Shuraka’, November 29, 2016、al-Mada Press, November 29, 2016、Naharnet, November 29, 2016、NNA, November 29, 2016、Reuters, November 29, 2016、SANA, November 29, 2016、UPI, November 29, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク