アレッポ市では、シリア軍と反体制武装集団の砲撃の応酬で30人近くが死亡(2016年11月30日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が、反体制武装集団が籠城を続けるアレッポ市南東部のジュッブ・クッバ地区に対して砲撃を加え、子供2人を含む21人が死亡、数十人が負傷した。

また、ホワイト・ヘルメットによると、反体制武装集団の支配下にあるアレッポ市南東部に避難する住民に対して、シリア軍が砲撃を加えたとし、複数の画像をインターネットで拡散した。

White Helmets, November 30, 2016

White Helmets, November 30, 2016

White Helmets, November 30, 2016

White Helmets, November 30, 2016

White Helmets, November 30, 2016

White Helmets, November 30, 2016

White Helmets, November 30, 2016

White Helmets, November 30, 2016

White Helmets, November 30, 2016

White Helmets, November 30, 2016

一方、SANA(11月30日付)によると、反体制武装集団が、シリア政府支配下のアレッポ市アアザミーヤ地区、サイフ・ダウラ地区、ハラブ・ジャディーダ地区、フルカーン地区を砲撃し、子供2人を含む8人が死亡した。

SANA, November 30, 2016

SANA, November 30, 2016


AFP, November 30, 2016、AP, November 30, 2016、ARA News, November 30, 2016、Champress, November 30, 2016、al-Hayat, December 1, 2016、Iraqi News, November 30, 2016、Kull-na Shuraka’, November 30, 2016、al-Mada Press, November 30, 2016、Naharnet, November 30, 2016、NNA, November 30, 2016、Reuters, November 30, 2016、SANA, November 30, 2016、UPI, November 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク