アレッポ市南東部で籠城を続けてきた反体制武装集団戦闘員とその家族3,600人がアル=カーイダ系のファトフ軍の支配地域に退去(2016年12月15日)

アレッポ県では、SANA(12月15日付)などによると、トルコの仲介によるロシア軍と反体制武装集団との合意に基づき、アレッポ市南東部(サラーフッディーン地区、マシュハド地区、アンサーリー地区)で最後まで籠城を続けてきた反体制武装集団戦闘員とその家族約3,600人が、シリア赤新月社と赤十字国際委員会の監視のもと、同市西部のラームーサ地区回廊を経由して、ファトフ軍支配下のアレッポ市南西部に退去した。

Kull-na Shuraka', December 15, 2016

Kull-na Shuraka’, December 15, 2016

SANA, December 15, 2016

SANA, December 15, 2016

SANA, December 15, 2016

SANA, December 15, 2016

SANA, December 15, 2016

SANA, December 15, 2016


アレッポ市南東部からの退去は4回にわたって実施され、1回目に951人、2回目に1,406人、3回目に1,198人、そして4回目に208人が同地をあとにした。

SANA, December 15, 2016

SANA, December 15, 2016

AFP, December 15, 2016、AP, December 15, 2016、ARA News, December 15, 2016、Champress, December 15, 2016、al-Hayat, December 16, 2016、Iraqi News, December 15, 2016、Kull-na Shuraka’, December 15, 2016、al-Mada Press, December 15, 2016、Naharnet, December 15, 2016、NNA, December 15, 2016、Reuters, December 15, 2016、SANA, December 15, 2016、UPI, December 15, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク